保険の見直しをする際に押さえておきたいこと

イメージ

 

大多数の方が加入している保険商品ですが、これを見直すことは、あまりされていないのではないでしょうか。

 

一年に一回更新する、自動車用の任意保険の場合、更新時に見直す方も多いかと思いますが、
生命保険に関しては、10年単位の契約が主なので、あまり真剣に見直すことはありません。

 

しかしながら、結構多くのお金を払うのですから、定期的に家族の状況、自分の体調、などを考えた上で見直すことは非常に重要なのです。

 

ではその見直し方について、考えていきましょう。

死亡保障の見直し

まず、死亡保障です。これは言うまでもなく、死んだときにもらえるお金です。
10年契約にしておくと、若いうちはいいのですが、年をとるとかなり高くなっていくので、終身保障タイプのものを若いうちから考えることをお勧めします。

 

また、この金額を考える際には、子供の年齢、教育費用などを考慮して、若いうちは多めにかけておくことが必要になります。

 

医療保障の見直し

もう一つ、考える必要があるのは、入院、怪我、手術をした際の補償、医療保障と呼ばれる部分です。

 

この部分は上記死亡保障を軸とした保険に特約としてつけることも多いのですが、全く独立した保険として入ることも可能です。
その内容は多岐にわたり、結構複雑に絡み合っているので、きちんと内容を理解して加入していく必要があります。
そうしないと、いざというときになって保障されていない、思ったより保障が下りないという事態になりかねません。

 

万が一の時のための保険ですが、それゆえにきっちり定期的な見直しを行いたいものです。