ファイナンシャルプランナーとは

イメージ

 

何らかの保険に加入していて、且つ見直しを考えている方は少なくない数でいらっしゃるでしょう。

 

しかしいざ、自分で整理・スリム化をしようとしても加入内容が全然分かっていなかったり、会社上の付き合いで加入したものだったりしてどう考えても無駄と思えるものがあっても、今迄かけたお金が勿体なくてそのままにしている方も多いでしょう。

 

そんな状態を放置していると、いざ加入しておきたい保険に加入できないケースがあったりする場合があるので家計の事を考慮しても早急に対処が必要です。

 

 

 

そういう時には保険のプロであるファイナンシャルプランナー(以下FP)に相談すると良いでしょう。

 

自分の年収や生活設計、家族構成等を予め知らせておき、その家庭や個人にぴったりの保険商品を紹介して頂けます。

 

尚、紹介の際には一般の企業にありがちな生命保険会社の外交員が謂わば強引に勧めたりする等という事は決してありません。

 

あくまでも、その家庭にあった保険商品を紹介するというスタンスなので、必ずしも契約しなくても良いですし、納得が行くまで徹底的にFPと打ち合わせをする事で自分の人生設計で今まで見えてこなかった必要なお金の用意やタイミング、支出の概算に至るまで、懇切丁寧にシュミレートしてくれますのでとても頼りになります。

 

 

 

外交員に進められてそのまま加入するのも一つの考え方ですが、自分の人生をしっかり見据えて保険を見直しをする事は今迄の自分の人生を見つめ直すと同時に将来の方向性にある程度見通しをつける為にも重要でしょう。