保険を見直しをする場合の基本ルールを知ろう

イメージ

 

保障の目的には残された遺族のために加入する死亡保障と病気に備える医療保障があります。
両方とも手厚い内容であればよいということではありません。
当たり前ですが、健康に生存している間も払い続ける必要があり、保険料の支払いが家計を圧迫し破綻させては本末転倒です。

 

死亡保障の見直し

これまでの保障内容を見直す場合、死亡保障では次のことを確認します。
公的年金制度の遺族年金、サラリーマンであれば死亡退職金保有している貯蓄の金額、住宅ローンを契約して場合の付帯している生命保険があります。

 

死亡時にこれらが受給できれば、遺族の生活保障のために支払う負担は確実に減らすことができます。

 

そして、見直し前の特約を含んだ契約内容に不明な点がある場合や、そもそも関心が無い場合は一層見直しをする必要があります。

 

医療保障の見直し

次に医療保障では、よく一律に入院にはこの金額が必要などといわれていますが、加入している健康保険の形態によって一律ではありません。

 

医療保障は、まず会社員であれば公的社会保障である健康保険と勤務先にある福利厚生を確認することから始めます。

 

高額療養費制度がありまた勤務先の福利厚生制度の内容にもよりますが上乗せの支給がある場合もあります。
そして、貯蓄があればそれも医療保障に備えるものとして位置づけ、合わせて必要な保障額を見直します。

 

とりわけ、生命保険会社で通院の医療保障をカバーするところは多くなく、貯蓄と健康保険が頼りになります。

 

ただ、以上は会社員の方が中心ですが、自営業者の方は、もし仕事が出来なくなった場合の1日に必要な金額を厳しく計算する必要があります。