保険の必要性と見直しのタイミング

イメージ

 

保険をかける必要性を考えたことありませんか?

 

皆が掛けているのでとか、会社にきたセールスの人に薦められててとか、只何となくなど掛けている人も多いはずです。

 

しかし、何がおこるのかわからないのが人生、只何となくかけてたのでは大きな損をするかもしれません。

 

ライフスタイルの変化による保険の見直し方

保険の見直しにはタイミングがあります。
それは、ライフスタイルによる変化、つまり就職・結婚・出産・教育・家の購入・老後の備えなどです。

 

そうでなくても、保険料が高くて支払うのが大変という事もあります。

 

では、ライフスタイルの変化による選び方はどのようなものでしょう。

 

社会人になった

本来、子供の時は親が掛けるものですが、社会人となったときには、自分で負担のない額で掛けるようにしましょう。

 

まだ若い時ですので、支払う額も安いですし、終身タイプで死亡保障付きがオススメです。

 

結婚した

次に結婚された時、ガンや病気入院に対応した終身タイプがいいでしょう。
余裕があれば、定期や積み立てタイプもいいでしょう。

 

結婚された時は、受け取り人の変更も必要です。
但し、万が一の場合に、相続でトラブルになる事もあります。

 

子供が生まれた

子供が生まれたら返戻率が有利な学資保険には入っておいたほうがいいでしょう。

 

家を購入・新築した

家の購入・新築という時期には、所得補償保険も必要です。

 

只、団体信用生命に加入するので万一の時には、住宅ローンが相殺される保障はあります。

 

その他に介護保障のついたものも検討するにあたるでしょう。

 

 

 

保険は万が一の為に掛けるものですが、人生そんなに万が一の状態に廻り合わせないと安心して見直しをしないでいて、
後悔するような事はないようにしましよう。